前へ
次へ

甘酒豆乳の効果について

甘酒とは、米麹や米を原料としている発酵食品のことです。
甘酒には、ビタミン類や葉酸、アミノ酸、食物繊維、オリゴ糖などさまざまな栄養素が含まれています。
なので、飲む点滴ともいわれているくらい豊富な栄養が取れるのです。
最近では、甘酒を使ったレシピが注目を集めています。
それは、甘酒豆乳といわれるものです。
甘酒豆乳の作り方はとっても簡単で、無調整の豆乳と甘酒を1対1の割合で混ぜるだけというものです。
この甘酒豆乳を飲むとさまざまな効果が期待されます。
特に美肌や美髪になれます。
甘酒に含まれているコウジ酸という成分がメラニンの抑制の効果があり、また豆乳には、イソフラボンという成分が女性ホルモンに働きかけてくれて肌を整えてくれます。
なので、この2種類を混ぜることにより、より効果が高まります。

甘酒豆乳の甘酒と豆乳の相乗効果

甘酒豆乳は、甘酒と豆乳の効果を同時に得ることができます。
まず豆乳は、女性ホルモンのバランスを整えることができる成分が含まれています。
女性ホルモンは身体に様々な影響をもたらすことになり、そのひとつに肌や髪のツヤを取り戻す美容効果があります。
そして基礎代謝を上げる働きがあり、痩せやすい身体をつくるのが豆乳です。
次に甘酒は発酵食品になり、腸内環境を整えて便秘解消に役に立ちます。
腸内環境が整うことで、身体の老廃物が排出されることによって美肌効果を得ることができます。
さらに甘酒にはシミを防ぐことができ、これは甘酒に含まれている菌の働きによるものです。
甘酒に含まれている菌は、メラニンの生成を抑制する働きがあります。
そして肌のツヤやハリを取り戻すことができ、保湿もできるのが甘酒になります。
実際にスキンケアとして肌に塗ることができるのが甘酒です。
このように甘酒豆乳は、豆乳と甘酒のダブルの効果を得ることができます。

Page Top