前へ
次へ

甘酒豆乳の作り方とアレンジ方法

甘酒豆乳の作り方は、一般的にはコップ1杯の豆乳に甘酒を大匙2から3程度と言われています。
沸騰する前に火を止めて完成となりますが、甘酒または豆乳が苦手な場合は、様々なアレンジ方法が挙げられています。
単体での甘酒だったり豆乳が苦手な場合、甘酒豆乳にすると美味しさが増して喉越しも良く、飲みやすいと言われています。
また、甘酒豆乳にココアや抹茶、シナモンやすりおろした生姜等を混ぜることで、更に飲みやすくなるのです。
日替わりでアレンジを楽しめるので、飽きることなく続けられます。
アレンジを加えても、甘酒豆乳の効果には影響しないので、自分好みの味を見つけたり、デザートドリンクや置き換えドリンクとして愛飲するのも健康や美容に効果的です。

甘酒豆乳の美容効果がすごい

飲む点滴といわれる甘酒、女性ホルモンの不足を補う働きをするイソフラボンを含む豆乳の二つを組み合わせた甘酒豆乳が健康、美容、アンチエイジング効果を持っていると話題になっています。
甘酒豆乳には、便秘や肌荒れ解消の効果があり、栄養をきちんと補給しながらダイエットすることができます。
また、甘酒に含まれるコウジ酸がメラニン色素を作っている細胞の働きを抑制する働きがあるのでシミやそばかすを防ぎ、美肌効果があります。
頭皮を若返らせて美髪にもなっていきます。
食欲がなくても消化吸収を助ける消化酵素が豊富でエネルギーに効率よく変換し、疲労回復にも効きます。
甘酒豆乳のレシピは1対1の割合で混ぜるだけと簡単なので、すぐにでも実践したい簡単な美容法です。

Page Top